水素自動車の仕組み(構造)と将来

水素自動車の仕組み(構造)と将来

現在、水素分子はエネルギーとして注目されています。

 

そして、すでに水素と酸素を反応させて、電気を取り出す仕組みの燃料発電で走る水素自動車も開発されています。

 

この自動車は「環境に優しいエコカー」とも言われています。

 

これは、燃料が燃えた後は、水しか残らず、排気ガスや二酸化炭素(CO2)を出さない設計になっています。

 

しかし、水素自動車を開発するのに、何度も安全性に関する実験が繰り返され、「水素はガソリンよりも安全」という意見が専門家に言われました。


水素自動車の開発とは!?

エネルギー開発に携わる会社は10社もあります。

 

また、ガソリンスタンドと同じように水素スタンドを全国で、100以上設置する目標を掲げています。

 

近い将来、水素自動車が全国を走り回ることで、環境にも優しくなるかもしれません。

 

水素スタンドは、数分間で自動車に原料を満たす構造が考えられます。

 

一方で電気自動車もクリーンですが、長い充電時間を要する、デメリットがあります。

 

もうすでに開発されている?

水素自動車の仕組み(構造)と将来

実はもうすでに水素による自動車は「大手国産自動車メーカー」開発されています。

 

今までは「危険物質、爆発物」として認識されていた水素物質ですが、水素水飲料の一般化に伴い、とうとう自動車にも利用されています。

 

これからは「水素(H)」は水素水や自動車だけでなく、多くの分野で活躍の場を広げると言われています。

 

そして「水素」こそが人類の文明を発展させるカギになるかもせれないと専門家に言われています。

 

水素自動車の安全面(安全性)とは!?

水素自動車の仕組み(構造)と将来

ヒンデンブルク号爆発事故があったことから、水素は危険だという認識がつきまとっていますが、ヒンデンブルク号爆発事故の際に、真っ赤に燃えています。

 

つまり、事故原因はアルミニウム合金によるものだといえます。

 

ガスタンクに亀裂が入ったとたん、水素の特性である気体中最軽量という点から急速に大気中に放出・拡散!

 

 

一部は大気中の酸素とすぐに結合して水になり、ガソリンの危険性と大差が無い!と懸念されます。

 

しかし、水素は燃焼時に炎が見えず、爆発濃度域が非常に広いという問題があるために、発火後の消火は容易でないことが予想される。

 

将来的には水素自動車が主流になる!?

水素自動車の仕組み(構造)と将来

現代では、タクシーはガソリンではなく、プロパンガスなどのボンベを車に設置しているところもあります。

 

最新の技術は、私たちの生活に必要不可欠です、

 

当たり前のように所持している電子機器やスマートフォンを充電するときも同じ大きさの小型水素燃料発電が使われています。

 

また、自動車に限らず家庭用発電の実用化も進行しています。

 

そして、遠い未来では「水素と酸素を反応させ、電気を取り出す燃料発電」などの水素を使用したエネルギーが主流になる可能性もゼロではありません


「水素自動車の仕組み(構造)と将来」~まとめ

水素自動車の仕組み(構造)と将来

このページで紹介させていただいたように、水素は「水素水飲料」だけでなく、エネルギーにも転換できる優れた物質です。

 

現代では、燃料(ガソリン)によって走る車が多いですが、少しずつ水素で走る車が開発されています。

 

もしかしたら、近い将来には「水素自動車」が国道を走る時代が来るかもしれませんね?


このページに関連するオススメの記事はこちら。

水素自動車の仕組み(構造)と将来

暮らしをサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!

水素自動車の仕組み(構造)と将来