水素水は沸騰や温水だと効果なし?

水素水は沸騰や温水だと効果なし?

水素水はダイエットサポートをはじめとし、「ニキビや浮腫み(むくみ)」などにも効果的なことから多くの女性に愛飲されています。

 

一般的に冷水として愛飲されていますが、冷水はお腹を冷やしてしまい、人によってはお腹を下してしまうことがあります。

 

このことから、水素水を冷水で飲む場合はお腹の弱い人には注意が必要で、温めて愛飲することがオススメされています。

 

では、水素水は沸騰や温水にして愛飲すると効果はあるのでしょうか!?


水素水は沸騰させるのはNG

水素水は沸騰や温水だと効果なし?

温めて愛飲することで、お腹に負担をかけず、水素水を利用することが出来ます。

 

問題は水素水が宇宙で一番小さな物質である「水素分子」を溶解していることです。

 

そして、水素水を沸騰させて温めてしまうことで、含有された「水素分子」が蒸気とともに飛びます。

 

沸騰させてしまうと水素水ではなく「ミネラルウォーター」を飲用しているのと同じで、水素による効果は期待できません。

 


どの程度の温度であれば水素水として飲用できる!?

水素水は沸騰や温水だと効果なし?

一般的に水素水を温めるのはNGと言われていますが、温水として利用できる温度は「80℃まで」と言われています。

 

一方で高齢者や赤ちゃんなどのお腹の弱い人たちにはむしろ水素水を温めて飲むことが専門家や医学的にもオススメされています。

 

なので、日ごろからお腹を壊しやすい人は温めて水素水を飲用することで、体に負担をかけずに水素水の効果を利用できます。

 

温水にして水素水を飲むオススメの方法とは?

水素水は沸騰や温水だと効果なし?

水素水を温水にして楽しむ方法は様々ですが、一般的にはコップに移して電子レンジで温めてもよいでしょう。

 

鍋に水をためてから沸騰させない80℃程度にまで温め、アルミパウチ水素水を温める方法もあります。

 

ですが、宇宙で一番保存が困難である水素分子は、現在の科学では完全に密封することが不可能です。

 

水素分子は逃げやすいことから飲み置きすることは難しいと言われ、封を当てたら飲み切るようにしましょう。

 


水素濃度は1.0ppmがオススメ?

水素水は沸騰や温水だと効果なし?

水素水は多くのメーカーさんから販売されていますが、問題となるのは水素濃度です。

 

実は、水素水は販売元によって水素濃度が異なっており、中には水素濃度が限りなく低い水素水も販売されています。

 

これが、「水素水は効果ない!!」、「水素水は詐欺(インチキ)商品」と言われている理由の一つでもあります。

 

基本的に水素水として効果が期待できるのは、「水素濃度1.0ppm」と専門家に言われています。

 

さらに、温水として飲用するにしても水素水濃度が「1.0ppm」は必要ともいわれています。

 


「水素水は沸騰や温水だと効果なし?」~まとめ

水素水は沸騰や温水だと効果なし?

お腹を冷やしてしまうことで、腸内環境の悪化や血行不良を起こしてしまいます。

 

そして、体内の循環が鈍くなることで、「浮腫み(むくみ)、冷え性、疲労」などの原因ともなります。

 

これでは水素水の効果を実感することはできません。

 

特に「お腹を壊しやすい方」や「高齢者~赤ちゃん」には温水として愛飲することがオススメされています。

 

しかし、水素水は水素が逃げやすく沸騰させると水素による効果はなく、販売されるメーカー(会社)によって、水素濃度も異なり、商品を吟味する必要があります。

 

より効果的で風味豊かな水素水を愛飲したいというかたは、水素水愛飲者による口コミリポートを参考にするとよいでしょう。

 

 

 

<このページの読者達が愛飲している水素水はこちら>


このページに関連するオススメの記事はこちら。

水素水は沸騰や温水だと効果なし?

暮らしをサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!

水素水は沸騰や温水だと効果なし?