悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)とは

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

悪玉菌である「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」は強い毒性を持つ攻撃的な物質です。

 

これが細胞を酸化させることで「免疫機能の低下を招く」ともいわれています。

 

また、水素水に関する医学によると、この悪玉菌(悪玉活性酸素)はすべての病気の9割の原因でもあるという専門家もほど、問題視されています。

 

はたして、「悪玉菌(悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル)」はどのような悪影響があるのでしょうか?


はじめに、知っておくべき「活性酸素」の誤認とは?

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

スーパーオキシドラジカルとヒドロキシルラジカル(悪玉活性酸素)の酸化力を比べると、後者の物質が1000以上も酸化力があります。

 

しかし、活性酸素には善玉もあります。

 

この「善玉活性酸素」は私たちの日常に必要な物質で活性酸素を減少すると、ミトコンドリアの質を向上させる機能が無くなってしまいます。

 

他にも、精子を作ったり、血管を丈夫にしたり、神経の機能にも善玉活性酸素は必要です。

 

果物でさえ悪玉活性酸素の悪影響を受ける!?

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

悪玉活性酸素は細胞を酸化する力の強い酸素です。

 

具体例を挙げるとリンゴなどの果物(フルーツ)を切ると表面がどんどん茶色く酸化していきます。

 

私たちで言うと呼吸と一緒で取り入れた酸素によって細胞が酸化しますが、日々新しく細胞が作られます。

 

ですが、取り込んだ酸素のうち2%は体内で悪玉活性酸素になってしまいます。

 


悪玉活性酸素を除去物質「ビタミンC」の恐い落とし穴とは?

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

活性酸素を取り除く作用を「抗酸化作用」と言い、この成分を「抗酸化物質」と呼びます。

 

たとえば「ゆず(柚子)、パセリ、レモン、ローズヒップ、グレープフルーツ」に含まれるビタミンCが有名です。

 

また、食品の原材料ラベルに「酸化防止剤(ビタミンC)」と記載されています。

 

これもビタミンCの抗酸化作用を利用したものですが、これには実は落とし穴があります。

 

美容や健康サポートとして有名なビタミンCの注意点とは?

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

抗酸化物質「ビタミンC」の落とし穴とは?

ビタミンCには身体をサポートする「善玉活性酸素」まで攻撃するという欠点も挙げられます。

 

ちなみに、善玉活性酸素は外部から侵入した「細菌、カビ、微生物」等を殺菌する役割を持ち、免疫力にも関係する必要な物質です。

 

そこで注目されているのが水素水飲料です。

 

水素分子は体内の悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル、ペルオキシナイトライト)のみを取り除くというメカニズムを持ちます。

 

また、細胞の老化を抑止して若々しい肌を保つとして特に女性を中心に美容分野で人気です。

「悪玉活性酸素」が老化を早める諸悪の根源?

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

上記で解説したように、活性酸素は悪いものばかりではなく、老化に深く関わっているのは、細胞を酸化させる攻撃的な物質「悪玉活性酸素」です。

 

悪玉活性酸素が体内に増えすぎると正常な細胞や遺伝子にまで攻撃して細胞の機能を低下させます。

 

これが「老化、癌、動脈硬化、脳卒中、糖尿病」などの病気の原因ともなるのです。

 

しかし、水素分子は体内に入るとこの悪玉活性酸素と結合し、水(H2O)となって体内から排出されていきます。

 

実は、危険な悪玉活性酸素の発生タイミングとは?

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

私たちの健康に悪影響を与えるのが、病気の諸悪の根源とも言われている悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)です。

 

逆を言えば、この脅威から身を守ることが、健康の維持にもつながります。

 

では、悪玉活性酸素は一体どのようなタイミングで発生するのでしょうか?

悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)の発生するタイミング

 

激しい運動やスポーツなどの急激な体力消耗によって、体内に疲労が蓄積するタイミング

 

 

紫外線が肌(皮膚)に当たることによって、紫外線からの悪影響を防ぐためメラニン色素を生成するタイミング

 

 

排気ガスの多い環境、副流煙などの空気の悪いところに行ったことによる急激な環境変化によるタイミング 

 

 

睡眠不足(不眠症、睡眠障害)により全く疲れが取れずにおり、精神的及び肉体的疲労が感じたときのタイミング

 

 

喫煙(タバコ)や飲酒(アルコール)を摂取した際に、体内に有害物質が侵入したときのタイミング

 

 

更年期障害や生理症状、PMS症状などによって、ストレスやイライラなどによる精神疲労が蓄積したタイミング

 

「悪玉と善玉」活性酸素の役割の違いとは?

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

ここで知らなければならないのが、活性酸素には「善玉と悪玉」があり、善玉は免疫力向上など生活に必要な物質です。

 

一方で、悪玉活性酸素は老化を速めたり、免疫機能を低下させます。

 

つまり、悪玉活性酸素のみ除去しなければなりません 

水素水によって体内の悪玉活性酸素のみを除去します。

 

普段から日常的に水素水を摂取することで健康でキレイな身体を維持できます。

 


「悪玉活性酸素」対策に水素水が推奨される理由とは?

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

水素水には体内の善玉活性酸素を残し、悪玉活性酸素だけを除去する働きがあります

 

そして、善玉活性酸素を体内に増やすことで、体内のミトコンドリアの活性化にもつながります。

 

ミトコンドリアが多いと悪玉活性酸素による悪影響から身をまもり、体のシステムが良く働き、悪玉活性酸素が減少していく仕組みです。

 

「ご飯を急いで食べたり(早食い)、無酸素運動」は体内のミトコンドリアが頑張りすぎてしまい、悪玉活性酸素が発生しやすくなります。

 

また「酒の飲みすぎやタバコ、睡眠不足。 不規則な生活、ストレス」は悪玉活性酸素を多く発生させる原因になります。

 

他にも、悪玉活性酸素は日常生活で発生しますが、「ストレス・飲酒・激しい運動・喫煙」によって通常以上にたくさんの活性酸素が発生することで、これらが「悪玉活性酸素」になります。


「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)とは」~まとめ

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

ひとえに活性酸素と言われますが、活性酸素には善玉ち悪玉の2種類存在しており、老化や病気の原因となる物質はこの「悪玉活性酸素」と言わけです。

 

ビタミンCなどの抗酸化物質は悪玉活性酸素だけでなく、善玉活性酸素も除去してしまいますが、水素水(水素分子)は「悪玉」のみを除去してくれます。

 

なので、これからは水素水が私たちの生活をサポートする主流の飲料になるかもしれませんね?

 

 

 

<このページの読者達が愛飲している水素水はこちら>


このページに関連するオススメの記事はこちら。

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは

暮らしをサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!

悪玉菌「悪玉活性酸素/ヒドロキシルラジカル」とは