水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

癌は日本人の死亡率でもっとも高い病で、治療が困難なことから「死の病」ともいわれ、恐れられる難病です。

 

また、少しずつですが医学の発展により治療法が増えてきましたが、やはり難病であることには違いありません!

 

近年の研究により「癌(ガン)と悪玉活性酸素」が密接した関係にあることが報告されています。

 

そこで、悪玉活性酸素の除去に抗酸化物質である水素が癌(ガン)の治療に注目されています。


癌(ガン)の原因は悪玉活性酸素によるもの?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

癌は「ストレス・たばこ・お酒」で蓄積した悪玉活性酸素が脳細胞と結びつき発症する事例が多くあります。

 

また、この悪玉活性酸素は、体の細胞にダメージを与える非攻撃性の高い毒性酸素。

 

そして、この悪玉活性酸素は脳細胞と結び付きやす特徴があり、非常に危険です。

 

さらに、日本人の癌の発症数は高く、ストレスにより活性酸素が増加し、癌になる可能性を高めます。


癌だけじゃない!!悪玉活性酸素の悪影響とは?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

悪玉活性酸素の増加は癌だけでなく、「パーキンソン病、糖尿病」などの病気の原因に繋がります。

 

しかし、水素水は「悪玉活性酸素」を除去する効果に優れ、さらに副作用が一切なく、燃やしても有毒物質がでないクリーンな物質。

 

つまり、水素水は、癌(ガン)の原因と呼ばれる悪玉活性酸素を減少させることができます。

 

これが、医学で注目される理由の一つです。

水素水で「癌(がん)」の治療をサポート?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

悪玉活性酸素は老化や病気の一番の原因と言われています。

 

そして、水素水の悪玉活性酸素を除去する効果は「死の病」とも呼ばれる癌の予防にも例外ではありません。

 

水素水の高い抗酸化作用は病気の諸悪の根源とも言われる悪玉活性酸素を還元し、無害な水に変えます。

 

これは「水素(H2)、酸素(O2)と結びつく性質が悪玉活性酸素にも同じ反応を起こし、無害な水(H2O)」として排出します、

 

癌(がん)を患う原因は遺伝ではない?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

「癌は遺伝によるもの」とも言われます。

 

しかし、実際は遺伝性の癌の発生数は少ないです。

 

実は医学的な研究では遺伝による癌の発症率は1%未満とも言われ、実際に、癌の原因のほとんどが生活習慣やストレスによるものです。

 

また、生活習慣の悪化が活性酸素を体内で増加させて細胞をサビつかせ「大腸、胃、皮膚、乳房、卵巣」が癌に繋がります。


癌(がん)予防の10ヶ条とは?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

2011年度に国立がん研究センターより、癌(ガン)を防ぐ為の10ヶ条が公開されました。

 

下記に癌(ガン)の予防法を紹介しています。

 

 

私たちは常に、病気のリスクと隣り合わせなので、日ごろから健康を心掛けている人は注意しましょう。

①:煙草(タバコ)や副流煙により喫煙環境は極力控えるようにし、タバコを遠ざける生活を送る
②:調味料(スパイス)塩分などが豊富な塩辛い食品は控えるようにし、水素水を摂取する。
③:癌を予防するために、ビタミン・ミネラル含有水素水などの栄養バランスの良い食生活を送る
④:慢性的な「吐き気、眩暈(めまい)」などの身体の異常や異変に気がついたら、すぐに病院で受診を受ける
⑤:インターネットや書籍などで、正しい癌に関する情報を理解して癌(がん)を知ることから
⑥:風邪やインフルエンザに限らず、「感染予防(ウィルス・細菌など)」と治療を心掛ける
⑦:お酒はたしなむ程度にし、過剰摂取を避ける。もしくは、水割りに水素水を使用して活性酸素を除去する
⑧:定期的に癌(がん)の検診を受け、未然に防ぐことによって、体の以上に早期発見を心がける。
⑨:日ごろから適度に運動(スポーツ)を心掛ける。可能であれば、運動後に水素水を素早く愛飲する
⑩:平均的な体重維持を心掛け、常に体型をキープし、肥満体型(メタボ体系)には注意する。

「癌(がん)と悪玉活性酸素」の因果関係とは?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

実は老化や病気の原因である悪玉活性酸素は以前から認知されていました。

 

そもそも、悪玉活性酸素についての研究は1956年に、「アメリカのネブラスカ大学のハーマン博士」に行われています。

 

研究では、「体内に取り込んだ酸素がフリーラジカル反応を起こし、細胞膜、細胞内の小器官の生体膜を破壊します。

 

結果としてDNAを傷つけることになり、癌や生活習慣病、老化の原因になる。」とのこと。

 

その後、医学や生理学の実験研究によって悪玉活性酸素の影響による体内の酸化が「癌、生活習慣病、慢性疾患、老化」の大きな要因であることが報告されました。

「死の病(癌治療)」と水素医学の急速な進展について

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

以前は癌は死の病とまで言われてきましたが、今では治療法があります。

 

今後その中の一つに水素水や水素吸入も入るかもしれません。

 

実際に、水素水や水素吸引(水素治療)を行い、抗癌剤治療せずに「癌」を克服できたと言う事例も。

 

他にも「水素水を癌の治療に投与したら癌の症状が軽減した」などの意見もあります。


水素こそ悪玉活性酸素の除去に優れている?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

水素水は、癌の原因物質である悪玉活性酸素のみを選択し除去します。

 

多くの抗酸化物質は、毒性のある細胞だけでなく正常な細胞機能も奪うので、摂取しすぎると副作用があります。

 

一般的ながん治療で知られる、放射線治療でも同じで、放射線治療は、がん細胞のみだけでなく、正常な細胞へもダメージを与えます。

 

これが、脱毛や、吐き気、下痢などの副作用が起こります。

 

水素水は身体に優しく作用するので安心で、少しずつ癌細胞が減少し、好転がみられる可能性も十分あります。

 

癌(ガン)を治療する「水素水と水素ガス吸引」

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

水素医学では「パーキンソン病、癌、糖尿病、脳梗塞」の病気の9割が悪玉活性酸素が原因とも言われます。

 

悪玉活性酸素除去に効果的な水素水や水素吸入(水素治療)が注目されています。

 

癌は、乱れた生活習慣によって増加した悪玉活性酸素が原因で、これを水素水で除去。

 

なので、癌の原因である悪玉活性酸素を除去する水素水は、がんの予防に効果的です。


水素水による癌(ガン)治療サポート体験記

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

女性の場合でも「子宮癌(ガン)、乳癌(ガン)」でも、同じであっても克服できるでしょう。

 

現在では「爆発物、危険物」といったイメージを払拭しています。

 

特に「美容(美肌)、生活、医療」と様々な分野で活躍している水素分子です。

 

他にも水素豊富水の効能は癌の治療・再発防止にも効果的だということがわかってきました。

①水素水(水素治療)で前立腺癌(ガン)の治療

「70歳男性」

 

 

前立腺癌の腫瘍マーカーPSA値が、基準上限4.0を上回る180と診断され、癌センターのベッドを待つ間に140まで上がった。

 

余命3、4年と言われてしまい、ホルモン療法によって数値を70まで下げる事に成功しました。

 

しかし、副作用が苦しく、ホルモン療法自体も1年ほどで効果を示さなくなった。

 

抗癌剤治療を余儀なくされそうになったところ、水素水及び水素吸引の治療を始めました。

 

すると、日常的な水素水摂取と週一回の水素吸引を行っている2カ月間は特に良好的な効果は表れませんでした。

 

しかし、週に2回したところ4週目に数値が急降下し始め、半年後には基準値の上限を遥かに下回る0.8になり、1年後には0.3付近になり、体調的にも不快感が全くなくなった。

②水素水(水素吸入)で大腸癌(ガン)の治療

「61歳女性」

 

 

長年、下痢と便秘、下血に苦しんでおり、病院に行き検査を行ったところステージ4(最高進行度5)と診断され、大腸の手術をした。

 

術後、抗癌剤を使用しないと余命8カ月、抗癌剤を使用しても2年間の生存確率50%とと診断され、やむえなく抗ガン剤治療を始めた。

 

副作用が予想以上に辛く、手の先端(第一関節まで)がピリピリし、床に足をつける事も出来なくなってしまった。

 

しかし水素水摂取、水素吸引治療を始めたところ、1ヵ月程で、薬の副作用がなくなり、身体に元気が戻り、顔色も以前と比べモノにならないほど良くなった。

 

③水素水で子宮癌(ガン)の治療

「49歳女性」

 

 

子宮癌の治療というのは、初期であっても、子宮全摘出というのが一般的で、放射線治療などは行われない。

 

周りのリンパも全摘出手術するというのはどうしてもしたくはなかったが、細胞診と組織診のうち、細胞診は5段階で5という結果が出てしまった。

 

水素水摂取と水素吸引を始めてから何回目かの吸引の時、2時間のうち3度もトイレに行った。

 

1ヵ月経った頃に肌に変化が訪れ、キメが細かくなり、シミが無くなり肌がとてもキレイになっていった。

 

またアレルギー体質で湿疹がひどかったが、その湿疹も消えて立ちくらみや眩暈などの持病もいつのまにかなくなりました。

 

そして、治療を続けて半年後には、細胞診の判定が5だったが、3Aになった。


癌(がん)の治療に効果的な水素水とは?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

水素分子は宇宙1小さいと呼ばれる分子なので容器(アルミ缶やペットボトルなど)によっては分子が通り抜けてしまうことに。

 

すると、水素が含まれない「ただの水やミネラルウォーター」となってしまいます。

 

水素水を選ぶ際は「水素」が逃げない水素水サーバーという技術で加工されたものがオススメです。

 

これには1.0ppm以上の水素量が含有され、水素分子は副作用もなく過剰摂取しても身体に必要のない水素は気化して身体から抜けていくので安心です。

 

癌(がん)症状に対する水素水の治療実績とは?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

 

「大腸がんと水素水飲料」

 

腫瘍マーカーCEAが、2012年9月28日に「15.2」だったが、水素吸引と水素水を始めました。

 

10月26日に「8.7」、11月8日に「5.2」、2013年1月20日に「4.」0、3月10日に「3.2」となり正常値以下の数値になった。

 

「糖尿病と水素吸入」

 

血糖値300が、1回に2時間の水素吸入及び水素水飲用を毎日2回続け。

 

1週間でねんと100になった。また、他の患者では血糖値が1000だったのが、1回2時間の水素吸入および水素水飲用を毎日2回続け、16週間ほどで血糖値が200まで下がった。

 

「子宮がんと水素治療」

 

腫瘍マーカーCA15-3の数値47があったので、1回2時間の水素吸入を毎日2~3回を16週間程続けました。

 

結果、数値が27まで下がった。

 

「脳腫瘍と水素治療」

 

ある患者の脳腫瘍が5センチ程ありました。

 

しかし、毎日2時間の水素吸入および日頃の水素水飲用を12週間続けたところ、脳腫瘍がだんだん小さくなり次第に消えていった。

 

「すい臓がん(膵臓癌)と水素水、吸入」

 

毎日、水素吸入および日頃の水素水摂取を2週間続けました。

 

結果、小水時にあった鋭い痛みが少しずつではあるものの、症状が軽減されていき2週間後には、全く痛みも出なくなった。

 

「乳がん(乳癌)と水素治療」

 

毎日、1回2時間の水素吸入を16週間続けたところ。

 

腫瘍マーカーCEAの数値が120・5あったのが、たった12.5に下がっており、水素水と水素ガスのおかげ症状による苦痛もなくなりました。

 

「パーキンソン病と水素水飲料」

 

あるパーキンソン病に苦しめられている患者は歩くたびに転んでいた。

 

 

しかし、1回2時間の水素ガス吸入と水素水の愛飲を毎日2回を6週間続けることで、歩くたびに転倒してしまう事がまったくなくなった。

 

「アトピー性皮膚炎と水素風呂」

 

長い間全身のアトピーの痒み、ヒリヒリとした痛みに苦しんでいた患者さんが居ました。

 

その患者さんが2週間1日2時間の水素吸入を2日おきに、及び日頃からの水素水飲用を行っていると、アトピー症状が改善され、かゆみも一切なくなった。

 

「花粉症と水素吸入、水素水飲料」

 

毎日の水素水飲用を2週間程おこなっていました。

 

すると花粉症も次第に改善されていき、「鼻水、鼻づまり、目の痒み(かゆみ)」外出時マスクをしなくてよくなり、症状が改善された。

 

「前立腺がんと水素治療」

 

小水の出が悪く苦しんでいたが。

 

しかし、毎日の水素水飲用や水素ガズ吸入を心がける生活スタイルを水素治療を2週間程続けていたら、小水の出が良くなり、症状も改善された。

水素水は抗癌剤の副作用を軽減する?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

抗癌剤は細胞における還元型グルタチオンの産生量を減少させ、細胞の抗酸化力が低下して腎臓が酸化障害によるダメージを受けます。

 

さらに悪玉活性酸素による酸化が、抗癌剤の副作用の原因に。

 

そこで、これを除去する水素が抗癌剤の腎臓障害を軽減します。

 

水素はシスプラチンの抗腫瘍効果を弱めることなく、その腎毒性を軽減することがマウスを使った実験で報告されています。

 

従来の抗癌(ガン)剤治療には注意が必要!?

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

シスプラチンは多くの癌に効果がある抗がん剤ですが、腎臓毒性が用量制限毒性となり、腎臓障害が発生すると十分な量を投与できなくなります。

 

シスプラチンは腎臓細胞のミトコンドリアのダメージを引き起こして悪玉活性酸素の産生量を増やしてしまいます。

 

これによって腎臓細胞が酸化障害を受けることが腎毒性の主な原因に。



水素水が活性酸素を除去し「癌(がん)」治療~まとめ

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

以前まで、癌(がん)は「死の病」言われています。

 

しかし、その恐れられてた病が、近年では医学が発展し少しずつ治療増えてきました。

 

水素水または水素ガス吸引はその治療をサポートする効果があり、水素水を愛飲して体内に取り込むことが健康への近道かもしれません。

 

某大学では「水素水を摂取することでパーキンソン病患者の症状が改善」したことがわかっています。

 

さらに、ラットを対象として研究では、心肺停止後に水素ガスを吸入する事で脳障害を改善する効果がわかりました。

 

して、救命医療現場での新しい治療法として研究が進められ、アスリートを対象に実験した結果では水素水に疲労回復効果があるなど医学的な発展が報告されています。

 

 

 

<このページの読者達が愛飲している水素水はこちら>


このページに関連するオススメの記事はこちら。

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療

治療をサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!

水素水が活性酸素を除去して「癌(ガン)」治療