「酵素医学の廃り」と「水素医学の始まり」とは

「酵素医学の廃り」、そして「水素医学の始まり」とは

今や私たちは全く新しい時代を迎えようとしています。

 

それは「水素の時代」です。

 

美容の分野についてもさることながら、医療の分野に関する限り「水素の時代」は革命的な変化、驚天動地の変化を期待されています。

 

これは、「人類はもはや病気で悩んだり苦しんだりするようなことはなくなるであろう。」という学者もいます。


水素水(水素豊富水)は造語だった?

「酵素医学の廃り」、そして「水素医学の始まり」とは

「水素の豊富な水=水素豊富水」という表現を用いられ、当時は多くの人には初めて目にする言葉でした。

 

事実その通りでありまして、それらの言葉はすべて筆者の造語なのです。

 

同時に言えることは、このようなアイデアあるいは言葉は日本以外の国ではまったく存在しませんでした。

 

また、存在しなかったであろうと考えられることす。

 


日本が水素水(水素豊富水)に気づけたキッカケとは?

「酵素医学の廃り」、そして「水素医学の始まり」とは

日本以外の国においては、水素水のようなアイデアが生まれる素地がなく、不思議なことに今まで余り指摘されることのなかったことです。

 

実は、日本列島に存在する水、つまり日本人が常飲する水道水や井戸水、洗顔、洗濯や入浴に使う水のことを指します。

 

これを調べるとほとんどその全てが世界的に見ても極めて例外的な水だと言えるのです。

 

それは次のような事実なのです。

 

海外旅行に出かける多くの方々は経験ずみのことと思われますが、日本内地の水に比べて外国の水は硬度の高い水、つまり「硬水」だという事実があるのです。

 

つまり日本の水は世界でも例外的な「軟水」、あるいは「超軟水」とも呼べる水だということなのです。

 

その結果、他の硬水国では決してみられない浄水器が軟水国日本にのみ存在するという事実がありました。

 

水素の基盤となった日本の浄水器とは?

「酵素医学の廃り」、そして「水素医学の始まり」とは

当時の日本の浄水器とは、通称「アルカリイオン整水器」と呼ばれている機器のことを指していました。

 

この機器は電気分解方法を用いて水を処理するという機器です。

 

しかし、こ機器は軟水国の日 本であったからこそ誕生しえたと考えられるのです。

 

軟水の水の場合には電気分解は可能なのですが、硬水の水の電気分解は不可能だからです。

 


水素基盤となる浄水器のメカニズムとは?

「酵素医学の廃り」、そして「水素医学の始まり」とは

電気分解とは「メッキの原理」とも言われています。

 

硬水の場合では電気分解によって陰極板の表面にメッキされるプラスのミネラル成分(カルシウム、 マグネシウム)の濃度が高く、メッキ現象が急速に進行します。

 

その結果、電極板に過電流が流れるようになりますが、やかて電極板が徐々に熱をもつようになります。

 

ところで、電気製品には発熱出火防止のためのサーモスタットか内蔵され、機器が熱をもつとこれが自動的に作動して電源を切ってしまうので、電気分解がその時点で停止してしまいます。

 

これまでイギリスやアメリカに日本製の電解水生成器を持ち込んでみましたが、電解を始めてものの数分で電源は切れてしまいました。

 

つまり、電解水生成器は軟水国日本だからこそ生まれえた機器であり、 これが現在で利用されている水素水サーバーの開発の基盤になったと言われています。


「酵素医学の廃り」と「水素医学の始まり」~まとめ

「酵素医学の廃り」、そして「水素医学の始まり」とは

以前までは、「酵素医学」が主流でしたが、現在は「水素医学」が世界的にも注目を集めています。

 

今こそ世界中で流行している水素水(水素豊富水)ですが、実は日本が研究のうえで、完成された飲料とも言えます。

 

現在でも水素により研究は進められています。

 

そして、これからより「水素医学」の発展によって、美容(美肌)だけでなく、医療の分野でも発展すると言われています。


このページに関連するオススメの記事はこちら。

「酵素医学の廃り」、そして「水素医学の始まり」とは

暮らしをサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!

「酵素医学の廃り」、そして「水素医学の始まり」とは