悪玉活性酸素とミトコンドリアの関係

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

私たちの白血球ひとつひとつの細胞には、さらに小さな「細胞小器官」が何種類も入っており、その中に「ミトコンドリア」という小器官が存在します。

 

そして、ミトコンドリアという小器官は無数に存在しており、一つの細胞につき100~300個あるとされます。

 

これは大きさは直径約0.001ミリメートルで、細胞の中で増えたり、分裂したりを繰り返しています。

 

ミトコンドリアはあまり聞きなれない器官です。

 

実は人間のとってミトコンドリアは心臓と同じくらい重要な器官で、実質的に体を活動させているといっても過言ではありません。

 

ミトコンドリアは、私たちが食事から取り入れる「糖分」と「呼吸」によって、体内に取り入れる「酸素」を燃やすように反応させて、エネルギーを作り出しています。 

 


ミトコンドリアが悪玉活性酸素を発生させる!?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

人間はミトコンドリアという細胞の小器官があります。

 

これが私たちに必要なエネルギーを生成することで、生活を送れていますが、同時に悪玉活性酸素も生成。

 

言わばミトコンドリアと悪玉活性酸素は「工場と排気ガス」のような密接な関係性です。

 

なので、水素水によって悪玉活性酸素を除去し少しでも「排気ガス(活性酸素)」による被害軽減が、水素医学で推奨されます。

 


悪玉活性酸素が発生する、そのメカニズムとは?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

細胞の小器官である「ミトコンドリア」がエネルギーを生成時、こぼれた電子が「酸素」にくっつき「活性酸素」が生み出されます。

 

ですが、エネルギーを生成するとき、体内で「ミトコンドリア」の数が少ないと、オーバーワークしてしまい故障したように電子がこぼれます。

 

その電子を酸素が受けると悪玉活性酸素にな変化し胞をサビさせ老化の原因になります。

 

そこで「ミトコンドリア」が豊富にいると、個々の仕事が分散されオーバーワークすることも無く、若々しい体と肌を維持します。

 

しかし、同時にミトコンドリアの働きは悪玉活性酸素の発生にも!?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

ミトコンドリアは食事と呼吸から摂取した栄養と酸素を使って、ATP(アデノシン三リン酸)というエネルギー物質を作り出します。

 

すると同時に大量の活性酸素を発生。

 

この中の2%が細胞を劣化させる「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」に変化します。

 

つまり私たちが生きている以上は悪玉活性酸素は体内で生成され続けてしまういうわけです。

 

そこで日本の水素医学(論文)では、「ATP」の生成を高める(活性化)物質が水素水(水素分子、活性水素)と言われています。

 

これは「水素水」の飲用によって活発化されたATP(アデノシン三リン酸)は病原菌などによる感染症などの予防効果がある「白血球」の役割と深い関係があります。

 

酸素(O)がミトコンドリアと悪玉活性酸素を繋いでる!?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

私たちは無意識のうちに呼吸しながら、生きています。

 

そこで生きる上で酸素(O)は絶対に必要な物質で、これがないと私たちは死んでしまいます。

 

しかし、酸素は私たちにとって必ずしも、良い影響を与えるだけとは限りません。 

 

もちろん、生活に必要な分子ではあり、同時に酸素を利用して生きるデメリットもあります。

 


酸素(O)が悪玉活性酸素は密接関係!?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

人間が摂取した炭水化物、糖類、タンパク質、脂肪を体内で燃焼させて臓器機能を活動させます。

 

この時に燃焼しやすいように補助するのが、「酸素」です。

 

そしてミトコンドリアが呼吸や体内の機能活動させる際に取り込まれた酸素の1%~2%は、有害な物質に変化して、それが「悪玉活性酸素」になります。

 

これは鉄や金属などの劣化の原因である「サビ」に例えられ、細胞が「サビる」ことで老化の原因になります。

 

しかし、血液によって運ばれた栄養を、同じく血液中のヘモグロビンと結合して運ばれる酸素を燃焼してに体の機能を活動させるのが、ミトコンドリアの役割です。

 

ミトコンドリアの副産物を改善するカギは水素水?

ミトコンドリア細胞は酸素をエネルギーに生成する反面で「老化、癌」の引き金となる悪玉活性酸素の90パーセント以上はここで作られています。

 

しかし、水素医学で発表された論文では「ミトコンドリアが減少ことは、悪玉活性酸素が増え、老化に繋がる」とも記されます。

  

そこで水素水は、悪玉活性酸素を除去し老化を防止する効果があります。

 

これに関しては、日本医学大学の太田教授の実験により明らかになりました。

 

ミトコンドリアのメリットとデメリットとは?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

ミトコンドリアの小器官は、細胞全体の10%~20%を占めると言われます。

 

細胞によって100個から3000個もの数が含まれ、「ミトコンドリア」は様々な役割を担います。

 

中でも最も重要な働きは、体や臓器を動かしたり、脳を働かせて考えたり、体内に熱を発生させるための「エネルギー」の生成です。

 

ミトコンドリアは体内で増えた悪玉活性酸素によって傷つけられてしまうことになりますが、そこで水素水が役立つと言われています。

 

特に、ミトコンドリアの老化(加齢)に比例して多くの活性酸素を吐き出していまい、また癌(ガン)などの難病に大きく関係しているとも言われています。

 

近年では水素水による活性酸素除去や正常な細胞の活性化、ミトコンドリアへの作用が癌の予防や転移の抑制に期待されています。

 

ミトコンドリア活性化はダイエットサポートにも!?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

水素水には抗酸化力の他に、脂質代謝をつかさどる遺伝子のスイッチをオンにする働きがあります。

 

これによって脂肪の燃焼を促す「ミトコンドリア」が活性化してくれます。

 

そして、身体の代謝を向上し、ダイエット効果も期待できると言われています。

 

また水素には肝臓から分泌されるエネルギー代謝を高めるホルモンの生成を促す作用があります。

 


ミトコンドリアと上手に付き合うには水素水が最適とは?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

ミトコンドリアは「病気・美容・健康」と根本的に関わりがありますが、悪玉活性酸素とも関係があると水素医学で報告されています。

 

水素水の悪玉活性酸素を除去することでミトコンドリアを攻撃する悪玉活性酸素を体外に排出するとミトコンドリアの保護につながり、代謝向上します。

 

また、身体の全細胞の10~20%を占めるミトコンドリアは、多いほど太りにくい健康的な身体になります。

 

水素水は「ミトコンドリアの健康=体の健康」につながる!?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

「ミトコンドリア」は体内に取り入れた栄養素(タンパク質、脂肪など)、血液中で言うところの血糖と酸素を反応させます。

 

これが、細胞を元気にするエネルギー物質(ATP)と体温を生み出す役割もあります。

 

養分を分解することで、クエン酸から始まりクエン酸に戻る「クエン酸サイクル」というエネルギー代謝が行われ、上記で登場したATP(アデノシン三リン酸)を生成するメカニズムになっています。

 

つまり、ミトコンドリアが存在する体内の白血球が十分に血液中あれば、病原菌に負けることはなく、健康的な生活が維持できます。

 

そして人間の身体には白血球の数は血液1マイクロリットルあたり3500~9500個程度存在し、それをサポートする飲料として水素水が注目されています。

 

加齢と共に減少する白血球を止めよう!!

ミトコンドリアが存在している「白血球」も人間の身体を構成する細胞の一つです。

 

免疫力を上げる担当細胞にあたり、もともと人間の身体には60兆この細胞があると言われます。

 

しかし、加齢に伴い白血球は減少し、50代には50兆個を切ると言われ、本来の2割ほど生命力が衰えて免疫力も低下します。

 

つまり水素水でミトコンドリアをサポートするということは、同時に白血球もサポートすることにつながります。

ミトコンドリアの副産物「悪玉活性酸素」を除去する優れた水素水とは?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

水素水の効果は、2007年5月にネイチャーメディスンで研究が認められ、同月に医学界でもその効果が認められています。

 

水素研究の第一人者である太田教授も、「すばらしい抗酸化作用がある」として水素水を絶賛しています。

 

以前までは「水素水は詐欺?怪しい?水素の効果・効能は本当?」などの疑問が持たれていました。

 

しかし、現在では世界各国で「水素水の効果」に関する論文が200本以上も発表されています。

 

以前まで「水素水」はインチキと言われた!?

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

水を飲むだけで健康になるのか?インチキではないのか?

 

水素水は、怪しい「ニセ科学だ」というかたもいますが、現在では科学や医学的にしっかりと効果が認められています。

 

また、水素水が別名「若返りの水」とも言われる過程で、裏付けが世界各国で公示され、水素の効果は本物だと言えます。

 

中には水素分子がまったく保有されない詐欺商品もあり、これがインチキと言われる理由です。

 

そこで効果的な水素水商品を見分けるには、水素が含まれている容器をしっかりと確認することがポイントです。

 

水素分子は、宇宙一小さいと言われているので、ペットボトルや、アルミ缶などの容器では水素分子が完全に抜けてしまいます。

 

これらは詐欺商品と言えますし、これが水素水がインチキと言われる理由です。

ミトコンドリアをサポートする水素水を見分け方とは?

水素水は、分子が抜けづらいアルミパウチ容器もしくは水素水サーバーを選ぶことがポイントです。

 

最近では、4構造のアルミパウチ容器に含まれている水素水も販売されています。

 

一見聞こえはよく、拡散率が低いですが、アルミパウチ水素水はインチキ商品も多いのが事実です。

 

また、水素水サーバーは電気分解によってその場で水素を発生。

 

これが一番安全ですが値段が10万円と高額です。


悪玉活性酸素とミトコンドリアの関係~まとめ

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

ミトコンドリアは普段私たちが全く聞き慣れない言葉ではありますが、実は健康や美容(美肌)を維持する上で、非常に重要な体の組織の一つとも言われます。

 

そして、水素分子にはミトコンドリアを活性化させる効果があり、医学的にも推奨しているところもあります。

 

水素水の研究は今も行われており、その発展とともに水素分子が健康と美容に役立つ物質として主流になってくる日も訪れるかもしれませんね?


このページに関連するオススメの記事はこちら。

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係

暮らしをサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!

悪玉活性酸素(悪玉菌)とミトコンドリアの関係