水素水で妊娠中(妊婦)のつわりを軽減

多くの女性が妊娠中(妊婦さん)の「つわり」に苦しめられてしまいます。

 

 

この症状は人によって個人差で、中には食事がまともにできなくなる人もいます。

 

 

しかし、水素水の効能には妊婦(妊娠中)の「つわり」の改善に効果的です。

 

 

「妊娠前」~「妊娠初期」にかけて水素水(水素豊富水)を飲用することで、妊婦(妊娠中)の「つわりの症状」がほとんどといっても言いほど、解消されていると報告されています。


妊娠中(妊婦)のつわり(悪阻)症状とは?

妊娠初期(妊婦)には、つわり(悪阻)症状に悩まされます。

 

 

個人差ですが、代表的なものに「吐き気、嘔吐、唾液量の増加、全身倦怠感、頭痛、眠気、食欲不振、食べ物や匂い」に対する嗜好の変化があげられます。

 

 

 

妊娠6週頃から症状が出る人が多く、妊娠16週頃には改善します。

 

 

 

これは、非妊娠時や男性には産生されない、CG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が妊娠中(妊婦)に産生され、妊娠初期に増加することが関与してます。

 


妊娠中(妊婦)のつわり(悪阻)症状が悪化することも!

つわり(悪阻)の症状が悪化し、食事や水分が摂取できなくなると、治療が必要な妊娠悪阻と診断されます。

 

 

 

受診の目安としては、一日中続く頻繁な嘔吐、食事摂取困難、5%以上の体重減少、脱水・飢餓状態、尿中のケトン体陽性です。

 

 

 

通常つわりが妊婦70%~80%近くに起こるのに対し、妊娠悪阻は全妊婦の1~2%程度の頻度で起こります。

 

 

 

 

母体が重篤な状態に陥った場合は、人工妊娠中絶なども考えます。

実は、女性の妊婦(妊娠中)に多い便秘症とは?

妊婦(妊娠中)を経て、やがて出産を迎える頃には最大級の腹圧がかかります。

 

 

そして、この症状が余計に女性(妊婦・妊娠中)便秘に拍車をかけてしまいます。

 

 

女性は元々男性に比べて便秘でお悩みを抱える方が多いです。

 

 

そして、妊娠と出産を迎えるとき、いっそう便秘に悩む妊婦が多くなります。

 

 

しかし、水素水を飲用することで、便秘は簡単に解決すると報告されています。


妊婦(妊娠中)を悩ませている便秘の原因とは?

女性にとって一番の大仕事と言えば、やはり妊娠中(妊婦期間)と出産でしょう。

 

 

 

妊娠中(妊婦)と出産は新たな生命の誕生なので希望が膨らみますが、妊娠中(妊婦)と出産が原因で女性を「つわり、痔疾」に追い込む原因となります。

 

 

 

 

妊娠後期に入ると胎児は成長していき、出産を迎えるころには3キロ以上もの重さの胎児をお腹の中に抱え続けるので、それが原因で便秘にもなります。

水素水は妊婦のつわり(悪阻)の改善をサポートする?

「つわり」や「中期、後期妊娠中毒症状」が改善するにつれて見られる兆候として「胃腸内異常発酵」があります。

 

 

 

これは便秘解消に向かい、便の悪臭が消えて「キレイな便」に一変する良好な変化で、この兆候が見えるほど、妊婦は便秘になりやすくなります。

 

 

そして、これら症状には「活性酸素」が深く関わっていると専門家に言われています。

 

 

 

しかし、水素水の常飲すると、体内の活性酸素が排出され、妊婦の便秘が徐々に改善することで、やがて「つわり」や「中毒症」も解消されます。

 

つわり、便秘を招く「活性酸素」は悪い物質だけではない?

一言で「活性酸素」でも善玉活性酸素(スーパーオキシド等)と悪影響を及ぼす「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル等)」に分けられます。

 

 

一般的に、つわり(悪阻)や便秘を招くと言われのが、「悪玉活性酸素」です。

 

 

しかし、一方で善玉活性酸素は体内に侵入した埃(ほこり)やカビを除去する働きを持っています。

 

 

善玉活性酸素まで除去すると免疫力が落ちてしまう可能性があるのです。

 

 

そこで、水素水はこの体内に必要な善玉活性酸素は残し、「悪玉活性酸素」のみ除去します。


妊婦(妊娠中)に水素水が人気の理由とは?

「善玉活性酸素」を残し、「悪玉活性酸素」除去する優秀な効果こそが、水素水が各分野から注目を集めている理由なのです。

 

 

 

実際、妊活中や妊婦はルイボスティーを飲んでいる女性は多います。

 

 

 

しかし、水素も同様の効果が得られます。

 

 

さらに、妊娠中(妊婦)の悪玉活性酸素のみを除去する方法のひとつとして、手軽に飲用できる水素水を取り入れるほうが効果的という専門家もいます。

 

妊婦が抱える悪阻(つわり)の生活障害は改善できる?

妊婦(妊娠中)にとって悪阻はとっても、生活に支障をきたしてしまう症状でもあります。

 

 

 

さらには、「つわり」のせいで、好きだった食べ物が嫌いになったという、妊婦(出産経験)もいるほどです。

 

 

 

つまり、悪阻(つわり)は妊娠中の女性にとって、非常に辛い症状でもあります。

 

 

 

しかし、実は水素水を愛飲する妊婦の口コミレビューを確認すると、悪阻が軽減されたとの報告も多く寄せられています。

 

水素水を愛飲する妊婦(妊娠中の方)の口コミレビュー

女性の口コミレビューの中には「つわりの症状があまりに軽かったため5ヶ月の間自分が妊娠していることに気がつかなかった。」

  

 

 

という人もいるぐらい水素水はつわりの軽減に有効です。

 

 

 

また、妊娠の経過とともに出始めた妊娠中毒症状がひどく、入院治療を余儀なくされた患者でさえ、水素水を飲用すると2、3日で症状が改善された事例もあります。

 

 

 

 

つまり、この妊婦の口コミレビューでは「悪阻(つわり)症状」に有効だということで、注目されています。

 

水素水で妊婦(妊娠中)に多い便秘症状も解消

水素豊富水を1週間飲用することで、硬かった便は柔らかくなり、排便は腹圧をかける必要など無くなります。

 

 

 

また、排便の時間もほんの2、3分で済み、便の臭いも消えてしまいます。

 

 

 

したがって、水素水を飲む事によって痔疾も改善できるといっても過言ではりません。

 

 

 

それが現在、妊娠と出産を迎える人にとって水素水が人気の理由の一つにあげられています。

妊婦の体に優しい水素水の医学的プロセスとは?

水素水による治療効果は実証されています。

 

 

しかし、複雑な妊婦(妊娠中)において、どのようなプロセスを経て機能して健康をサポートするのでしょう?

 

 

水素水は医学・生理学的な理論では解き明かされないこともあるほど、可能性が広がると専門家に言われます。

 

 

また、理論的な解明が成されなければ水素の健康効果は存在し得ないという訳では全くありません。

 

 

これは、健康効果と医学的・生理学的な理論的解明の達成度との間には、何ら大きな因果関係は存在しないだけです。



「水素水で妊婦のつわり症状の軽減と便秘改善」~まとめ

妊婦(妊娠中)のつわりは非常に大きな問題ですが、それでも栄養成分(食事)を摂取しなければなりません。

 

 

 

また、もうひとつ問題になるのが、このページでもわかるように便秘です。

 

 

 

水素水にはこれらの症状をやわらげる(改善する)効果があるのが、あると専門家に言われております。

 

 

 

水素水は妊婦(妊娠中)をサポートする飲料としてより、認知されていくのかもしれませんね?


同じ関心を持つ人はこんなページも読んでいます。


治療をサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!