水素が抜けるオススメされないペットボトル型水素水

水素が抜けるオススメされないペットボトル型水素水

多くにメーカーから販売されている商品の中で、もっとも持ち運びが便利で、気軽に携帯できるのがこのペットボトル型です。

 

また「ペットボトル型」なら包装がしっかりしているので、衝撃を受けてバッグの中が水浸しになるなんてことは一切ありません。

 

一般的に「水素水」自体に差異はなく、正しい商品はしっかりと水素が含有されているか、否かの違いしかありません。

 

さらに、一部では「ペットボトル水素水はオススメできない!」とも言われておりますが、どんな理由からなのでしょうか?

 


ペットボトル型水素水は持ち運び便利?

水素が抜けるオススメされないペットボトル型水素水

ペットボトル型は「アルミパウチ」よりも、持ち運びが非常に便利でいつでも安心して飲むことが出来ます。

 

また「アルミパウチ型」と違い、水素水をペットボトル容器に入れています。

 

なので、強い衝撃を受けて包装が破けたりすることはないので、カバンの中を濡らすこともなく、安全といわれています。

 

その商品(ペットボトル型)に含有されている水素物質が判断基準になってきます。

 

当たり外れが多いペットボトル型?

水素が抜けるオススメされないペットボトル型水素水

正しい商品を選ぶ為にしっかりと水素が含有されている商品を選ぶ必要があります。

 

一般的には0.7ppm~0.8ppm以上の水素濃度を保持する水素水が含まれている商品(ペットボトル型)が一つの目安だと専門家に言われています。

 

また、これ以上「水素」が含有されている商品(ペットボトル型)を飲むとトイレに行く回数が増えたり、尿から体内の毒素を排出しやすくなります。 

 

しかし、メーカーによっては水素が抜けてしまっている悪品も多くあり、これがオススメされないペットボトル水素水の理由の一つです。

 

ペットボトルは非常に水素分子が抜けやすい素材?

水素は「宇宙で一番小さい分子」なので、アルミニウム素材でも完全に閉じ込められません。

 

ペットボトルは容器としては便利です。

 

しかし、出荷時に水素を入れたとしても、消費者の手元に届くころには、水素が抜け出てる状態の商品も。

 

これでは水素水の効果(活性酸素除去や美肌効果)が望めません。

 

大手メーカーでは、水素が抜け出ないペットボトル型が販売されていますが、現段階では完全に密封するのは不可能で、少しずつ抜け出てしまうのが事実です。


水素が抜けるオススメされないペットボトル型水素水~まとめ

水素が抜けるオススメされないペットボトル型水素水

ペットボトル型水素水には賛否両論あり、中には効果が全くオススメできないという口コミもあります。

 

しかし、近年のペットボトル型水素水には「水素分子」だけでなく、「炭酸」も含有されているなど、他の水素水に比べて工夫している商品もあります。

 

それによって従来の水素水飲料よりも効果が実感できたとの口コミも寄せられています。

 

なので、もし購入するのであれば、そういった工夫が施されている水素水飲料を購入するのがいいかもしれませんね?

 

 

 

<このページの読者達が愛飲している水素水はこちら>


このページに関連するオススメの記事はこちら。

水素が抜けるオススメされないペットボトル型水素水