セブンウォーター水素水の危険な副作用は?持ち運びは可能?

水素水は美容や健康サポートする飲料として人気を集めています。

 

 

特に水素水において重要なのは「水素濃度」 一般的にドラッグストアーやコンビニで販売されている水素水商品の水素濃度は「0.3ppm~1.0ppm」程度です。

 

 

しかし、セブンウォーターは7.0ppmと10倍近い水素水濃度を維持できる高濃度水素水です。

 

ですが、それほど水素水濃度が高いと逆に危険なのではないでしょうか?

 

 

また、仕事場や旅先などに持ち運ぶことはできるのでしょうか?

 


セブンウォーター水素水には副作用はあるの?

近年、美容や健康に効果があるとして注目されていますが、もともと水素は爆発物などの危険視され、扱いは非常に注意が必要です。

 

 

 

しかし、水素濃度が7.0ppmともなると、優れた水素分子でも副作用があって危険なのではないか?と不安になる消費者もいます。

 

 

実は、水素水として利用する場合は、水素分子をこれ以上必要でないと体内で判断されると、利尿などによって余分な水素は排出されます。

 

 

つまり、水素濃度(水素含有量)が7.0ppmであっても、必要な分しか体内に吸収されず、残りの水素分子は体外に排出されるので副作用はありません。

 

 

 

<セブンウォーターの副作用に関する情報はこちら>

 

セブンウォーターは持ち運びは可能なの!?

現在、アルミパウチ水素水が持ち運びやすいと言われており人気です。

 

 

しかし、実は人気ゆえに多くのメーカーから販売され、水素を含有していない「インチキ水素水」が多く流通しているのも事実。

 

 

水素が含まれていないのであれば、水素水としての効果も期待できませんし、持ち運びする意味はありません。

 

しかし、セブンウォーター水素水は耐圧性の専用ペットボトルとキャップの利用だけなので、持ち運びは可能です。

 

 

旅先や仕事場などでいつでも水素水を持ち運んで楽しむことができます。

 

セブンウォーターが他のメーカーよりも優れた点は?

セブンウォーターの水素水のメリットとして一般的に販売されている水素水の10倍近い水素濃度が維持できます。

 

 

つまり、一般的な水素水の10倍もの効果が期待でき、肌トラブルやダイエット、健康維持に効果的です。

 

 

また、水素水はメーカーで風味が異なり、口コミでは「アルミ臭がついて苦くて飲めないし、おいしくないから続けるのが難しい」との酷評が意外と多い!

 

 

水素水は基本的に継続しなければ意味がありませんが、それには風味が重要となってきます。

 

 

そこで、セブンウォーター水素水は自分でミネラルウォーターや天然水、水道水など、媒介になる水を選べます。

 

 

そしてセブンウォーターの水素水は水道水~ミネラルウォーターまで、様々な楽しみ方があるので、自分好みの水素水の風味を楽しめます。


このページに関連するオススメの記事はこちら。