水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

水素水医学(論文)で、病気の9割の原因と言われる「活性酸素」の発生要因にストレスがあげられます。

 

現代社会にとってストレスを抱えずに生きていける人はいないでしょう。

 

また、ストレスは重大な病気である、「ガンや脳梗塞」を引き起こす原因にもなります。

 

なので日頃から水素水の効果を利用し、活性酸素を除去することが勧められています。


日常の忙しさから溜めるストレスの悪影響とは!?

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

いつも時間に追われて、睡眠時間も削って、アクティブに働くような生活を続けていると、体はどんどん錆びて免疫機能低下や肌の劣化を招きます。

 

これは、日常の忙しさからストレスが溜まります。

 

それによって体内で発生する「悪玉活性酸素」活動量が増えることが原因の一つと言われています。

 

さらに、ストレスによる疲労が溜まるほど、「悪玉活性酸素」を除去する力が低下すると言われます。

 


ストレスの副産物「悪玉活性酸素」は切り離せない関係!?

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

人間をはじめ、地球上の多くの生物は酸素を取り入れてエネルギーを生み出しています。

 

しかし、わたしたちが生活で酸素(O)を呼吸などによって利用している以上、体内で「悪玉活性酸素」という物質が約2%ほど発生します。

 

そして長年、この悪玉活性酸素の害にさらされていると、細胞や組織が酸化され(さび)てしまいます。

 

 

では、いったいどんなメカニズムなのでしょうか?

 

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

人間は「心理、肉体」に不快な状態が、続くと副賢皮質からコルチゾーンという一種のストレスホルモンが分泌されると細胞の劣化や血液循環を妨げる悪玉活性酸素が発生します。

 

さらに、血管を収縮し血圧を上昇すると同時に血糖値も上昇させてしまいます。

 

血圧の上昇は「酸素の運搬」、そして血糖値の上昇は「糖分の運搬」に関係があります。

 

つまり、血圧と血糖値の上昇は、人間のエネルギー源となる酸素と糖分が急激に身体に運ばれることを意味します。

 

これらが病気や老化につながる要因になると考えられます。

 

そこで、老化の速度を遅らせ、病気を予防したり進行を食い止めるには、悪玉活性酸素を増やさないライフスタイルを心がけることが大切です。

ストレスホルモンが発生してしまうと!?

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

人間は、心理的にも肉体的にも不快な状態が持続すると、副官皮質からコルチゾーン(ストレスホルモン)が分泌されます。

 

これによって血管が収縮され「血圧」が上昇し、同時に「血糖値」も上昇してしまいます。

 

「血圧」の上昇は酸素の供給に、「血糖値」に上昇は糖分の供給に深い関係があります。

 

そして、この二つの上昇は、エネルギー源となる酸素と糖分が急激に体の全身に供給されることを意味し、水素水はこの原因を根本から取り除きます。

 

恐ろしい「ストレス症状」のメカニズムとは?

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

人間の身体はストレス症状を感じると、それを改善しようと臨戦態勢になり、これは急激な運動をしたとき同じ状態になります。

 

そして、急激な運動を行うと、身体は疲労を感じます。

 

すると酸欠状態に陥り、身体は急激に酸素を取り入れようしてしまい、いっそう悪玉活性酸素が体内で発生します。

 

 

これにより、血圧が高くなると一時的に血液の流れが加速して血管が収縮し、すぐに酸素不足に陥る、「酸欠状態」になります。

 

ストレスは悪玉活性酸素が好む状況を作る!?

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

ストレスホルモンは不快な状態を改善しようと臨戦態勢に入ります。

 

これが長く続くと、むしろ体は緊張状態をほぐそうとします。

 

そうなると、酸素が足りない状態(体内の酸欠状態)から酸素が豊富にある状態へと急激に変化します。

 

これがよりいっそう悪玉活性酸素が好む環境を作ります。

 


ストレス症状が招く4つの悪影響とは?

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

悪玉活性酸素を増やす原因は数えきれないほどあげられています。

 

例えば、「偏った食生活の乱れ、タバコ、大量の飲酒、過激なスポーツ、紫外線」など、さまざまな要因があります。

 

しかし、それだけではなくストレスも重要な要因のひとつで、ストレスによる悪影響は代表的なメカニズムには、次のようなものがあります。

 

ストレス症状は4つもの悪影響を招いてしまう!?

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防
「ストレス症状が招く4つの悪影響」

 

ストレスを受けると、ストレスに対抗する「副腎皮質ホルモン」が分泌される。

 

この分泌と分解の過程で、活性酸素が発生する。

 

 

日常的に感じているストレスは、「抗酸化ビタミン」ともいわれるビタミンCを大量に消費することで、「免疫力低下、疲労蓄積」など様々な悪影響を及ぼします。

 

 

緊張が続くと血管が収縮し、一時的に血流が阻害される。

 

その後、血管が拡張したときに、血液が勢いよく流れると、大量の悪玉活性酸素が発生する。

 

 

ストレスがあると高血糖になりやすい。

 

この状態も、悪玉活性酸素が増える一因で、日常的に悪影響をア及ぼしてしまう要因になります。

 

水素水がストレス症に推奨される理由とは?

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

ストレスは悪玉活性酸素を発生だけでなく、免疫力低下にもつながり、病気にかかる可能性を高めます。


とある実験で、一定期間狭い所に閉じ込め、ストレスを与えたマウスに水素水をあげると、低下した記憶力は見事に改善されたそうです。


このようにストレスと悪玉活性酸素は深い関わりがあり、これは私たちに一つもメリットもありません。


なので、日頃から水素水を飲用し、悪玉活性酸素を除去することは健康への一番の近道となるでしょう。

 


水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防~まとめ

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

ストレスは気がつかないうちに感じ、それによる悪玉活性酸素も同時に発生し、「不眠症、下痢、胃痛、腹痛」など多くの症状を引き起こす可能性があります。

 

また、ストレス症によって悪玉活性酸素も体内で発生しやすくなってしまうので、より自体は深刻になっていき、負のスパイラルに陥ります。

 

そこで症状から体を守る最適な物質が水素分子で「水素水、ガス吸入」など多くの摂取方法があります。

 

しかし「水素ガス吸引・吸入」は効果が高いですが、「水素ガス」を直接体内に取り込むため安全性が懸念され、副作用も報告されています。

 

なので日頃から水素水を飲用し悪玉活性酸素を除去し続けることが、これらの症状から抜け出す最適な方法とも言えます。

 

 

 

<このページの読者達が愛飲している水素水はこちら>


このページに関連するオススメの記事はこちら。

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防

暮らしをサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!

水素水が精神的ストレス症状の悪影響を予防