水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

医学で推奨される摂取量と飲用方法

水素水は「女性の美容(美肌・若返り・むくみ)」や「男性、妊婦、赤ちゃん」の健康サポートに効果的です。

 

また、「脳梗塞、癌、糖尿病、パーキンソン病、腎臓、二日酔い、痛風」の治療が注目されています。

 

近年では「水素水サーバーやアルミパウチ、ペットボトル、サプリメント」の販売が種類豊富な水素水の摂取法が存在し、特に生成したての水素水が推奨されます。

 

他にも、利尿作用があることが証明されている水素水は「トイレが近くなる」のも良質である指標の一つと言われています。

 

医学的に推奨される水素水の摂取量とは、具体的にどのような内容なのでしょうか?


初心者はアルミパウチ水素水がオススメ?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

多くのメーカーから販売される水素水商品の中でも、アルミパウチ素材は水素を密閉する最適な容器と言われ、初心者も手軽に入手しやすいメリットが!

 

また、水素水には医学的な1日の摂取量と飲用方法もあり、大量に飲めば効果があるとは言い切れません。

 

今では水素水は多くの通販ショップで販売されています。

 

中には「インチキ水素水」、「効果なし水素豊富水」が市場に出回るため用心が必要で、水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法を理解しましょう。

 

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法のポイントとは?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

水素水の効果を体感する為にタイミング(時間)と摂取量が有効なのでしょうか?

 

また、医学的な1日の摂取量と飲用方法があり、水素水を効果的に摂取するのが望ましいです。

 

もちろん、水素水にも水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法が存在します。

 

下記では「もっとも効率の摂取方法や効果的な水素濃度、飲用するタイミング」などを紹介しています。



①:医学的に一定量の水素を含有した「水素水」が大切!?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

日本水素医学(論文)では効果が実感できると水素濃度(高濃度水素水)は最低でも0.7~1.0ppm以上が目安とされています。

 

また、ppmの数値が大きいほど高濃度の水素水飲料が堪能でき、水素効果も濃度と比例して向上。

 

しかし、水素分子・活性水素は「宇宙一小さい物質」なので、すぐに容器から蒸発してしまいます。

 

②:医学的に1日:300ml以上の摂取量が理想!?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

基本的に水素水は美容(ダイエット、デトックス、若返り、美肌)や症状改善など目的に水素水を利用できます。

 

毎日継続して長期的に飲むのが理想的で、また人によって活性酸素の量が異なり、一慨には言えません。

 

ですが、水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法「1日300ml~500ml」が効果的と日本水素医学(論文)や専門家に言われます。

 

③:効果的な飲用方法として、速やかに飲み切ることが大切!?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

水素には遺伝子のスイッチをオンにする効果があるといわれており、水素分子が容器から抜け出てしまう可能性があります。

 

なので、小分けにして飲むよりも、1度に一定量を飲みきった方がより美肌効果や悪玉活性酸素の除去に効果的です。

 

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法として、なるべく速やかに飲み切りましょう。 

 

④:水素水の水素分子は逃げやすい(抜けやすい)!?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

1度容器を開けると「水素分子または活性水素」はキャップを占めても、非常に小さい物質なので少しずつ抜けてしまいます。

 

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法として、容器を開けたら、なるべく短時間に飲みきってしまったほうが効果的です。

 

ちなみに、水素水による美容効果や健康サポート効果が期待できると、水素医学でいわれています。

 

また水素水サーバーや水素キットも推奨されています。

 

⑤:沸騰または加熱させるのは、絶対にNG!?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

水素水はどのタイミングで飲んだら良いのでしょうか?

 

実は、水素水は食事の合間に摂取するのが推奨されています。

 

温めて大丈夫なのか? という疑問がありますが沸騰させるたり、沸点に近い温度(加熱)はNG!

 

しかし、飲みやすく温める程度の温度であれば全く問題はなく、水素が揮発することはありません。

 

なので、お腹を冷やしたくない女性、妊婦や赤ちゃん(乳幼児)におすすめです。

 

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法として、水素水の沸騰は絶対にやめましょう。

 

⑥:「アルミパウチとペットボトル」水素水には詐欺が多い!?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

手軽に購入できる水素水の中で多くのメーカーから流通しているのが「ペットボトル型とアルミパウチ型」水素です。

 

しかし、この商品には詐欺が多く、全く効果が期待できない水素水もあり、最悪なケースとして「効果を信じて飲み続ける」事です。

 

もちろん、すべてが詐欺商品というわけではないですが、水素水を飲用のは、体験リポートなどを参考にしましょう。

 

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法はありますが、なによりインチキ水素水には注意が必要です。

 

⑦:身体を動かす運動中(スポーツ)の後に飲むと効果的!?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

運動前後に水素水飲料を摂取することで、身体が疲れにくくなり、疲労回復効果も見込めます。

 

また、運動中(スポーツ)などによる、激しく体を動かす動作によって、発生する悪玉活性酸素も除去する作用があります。

 

さらに、車などの運転に飲料として利用するのも非常に効果的ですし、脳が活性化されるともいわれ、運転中による判断ミスや事故を起こしにくくなります。

 

⑧:余ったら「化粧水や水素水お風呂」にして有効利用できる!?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

みなさんは、肌トラブルに悩まされて事はありませんか?

 

顔に出来たニキビ・肌荒れなどの肌に関するトラブルを改善する一番の近道とも言われています。

 

近年では、水素水の効果を利用した「水素パック、水素風呂」も認知されています。

 

例えば、新陳代謝の活性化させ、悪玉活性酸素から肌を守ることは「肌のうるおいや美肌維持」につながります。

 

これが「シミ、クマ、そばかす、ニキビ」などの肌トラブル改善にも役立ちます。

 

⑨:便秘症状の改善には毎日の愛飲が大切!?

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

水素は悪玉活性酸素が減少させ、腸内善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)を増殖させます。

 

食事やサプリメントでも善玉菌を増殖できますが、悪玉菌を減らさない限り一時的な効果しか得られません。

 

つまり善玉菌を摂取しても悪玉菌が減少しない限り、慢性化した便秘の完治は不可能です。

 

しかし、水素水は悪玉菌を減少させ善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌)を増やし便秘改善します。


「水素水の医学的な摂取量と飲用方法」~まとめ

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

水素水は「美肌、疲労回復、アトピー改善、癌(ガン)予防、脳梗塞」など、水素水は多くの美肌と健康に役立ちます。

 

しかし、これだけ効果が優れていても使用方法や利用方法には十分に用心が必要で、それを誤認しまうと効用の実感が困難に!

 

また、効果的な摂取量と飲用方法も認知して、水素分子・活性水素に理解を深めることで、より効果を体験しやすいのではないでしょうか?

 

健康的な生活を送るためにも、水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法を理解しておきましょう。

 


このページに関連するオススメの記事はこちら。

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法

美容をサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!

水素水の医学的な1日の摂取量と飲用方法