水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い

水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い

水素水は「癌、パーキンソン病、糖尿病」の症状に関する治療のサポートなど医療にも役立っています。

 

このことで注目されていますが、水素水は「医薬品(サプリメント)」ではありません。

 

現在、継続している水素医学によると、まだ解明されていない効果が多く存在します。

 

そして、水素医学における役割は、これからもっと重大になると言われています。


水素水は医薬品(サプリメント)と併用可能な飲料?

水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い

薬を服用する患者にとって水素水と薬の飲み合わせは気になりますが、健康維持だけでなく様々な病気の補充療法として期待されています。

 

また、臨床試験で薬との飲み合わせが検討され、水素水と薬を併用して大丈夫なのか?

 

という疑問について研究と注意点をまとめると、 水素は非常に安定な分子です。

 

そのため水素自体が薬の成分を変化させないと考えられています。

 


水素水と医薬品の併用に関する臨床実験とは?

水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い

「水素水と薬との併用は可能」という考えのもとで、実験が行われてきたのはご存知でしょうか?

 

そして、 「糖尿病・リウマチ・癌治療・パーキンソン病」を対象とした臨床試験では、患者さんに普段から処方されている薬と水素水を一緒に飲んでもらいました。

 

水素水の有用性と共に、飲み合わせも検討。

 

その結果、いずれの試験においても薬との悪い飲み合わせは報告されておらず、 「薬と水素水を同時に飲んでも問題無い」 と科学的に結論づけられています。

 

水素水が「薬」と違って安心な理由とは?

水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い

確かに水素分子は医学のサポートする飲料として水素水が役立つことが事実ですし、これからも活躍の場を広げていくとも注目されています。

 

また、水素水は「薬」ではなく、「薬」になる前段階といったほうが適当で、「薬やサプリメント」と違い、過剰摂取や化学物質副作用も報告されておらず、非常に安心です。

 

そしてサプリメント(医薬品)のように副作用が無い商品が多いのが水素水です。

 

実際は「効果が実感できる人」と「できない人」がおり、個人差が多いのも事実です。

 

口コミに個人差がある!!「水素水」の効果とは?

水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い

一般的に商品に水素分子が含有されるか?否か?で、全く効果が違います。

 

これは、水素物質は容器から抜けやすい短所も。

 

また、時間が経ち消費者の手元に届くころには「ミネラルウォーター」なっていることもありますが、それでは効果を実感できないのも当然。

 

基本的に「水素濃度が0.7ppm~1.0ppm以上ないと効果が望めない」と専門家に言われます。

 


現在も進行している「水素医学」の研究とは?

水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い

水素医学に関する究者では、水素水と薬を一緒に飲んでも、飲み合わせは問題ないと考えられています。

 

また、多くの臨床試験では医師の監修のもと、薬と水素水が一緒に飲まれています。

 

しかし、水素水を飲み始めると、普段より多く水分を摂る傾向があります。

 

なので水分摂取制限がある方は別の意味で注意が必要なので、どうしても薬との併用が気になる場合は、担当の医師に相談してみましょう。

 


水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い~まとめ

水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い

誤解している人もいるかもしれませんが、水素水は薬ではありません。

 

なので医薬品(サプリメント)のような「吐き気、腹痛、めまい」などによる副作用は一切心配いりません。

 

このことから、「万能の水、奇跡の水」とも言われています。

 

現在でも水素水(水素分子)による研究がおこなわれています。

 

もしかしたら薬品に頼らない水素治療がこれから活用されるときが来るかもしれませんね?

 

最近、補充療法として持病の療養に水素水を取り入れる方が増えています。

 

しかし、水素水に対する知識が十分でなく間違った水素水を選んでいる方が多いので、注意しましょう。

 

 

 

<このページの読者達が愛飲している水素水はこちら>


このページに関連するオススメの記事はこちら。

水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い

健康をサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!

水素水の効果と「医薬品(サプリメント)」の違い