ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

水素に関する研究に伴って、水素水以外の水素の摂取方法が開発されました。

 

そのひとつが水素ガス吸引や吸入です。

 

以前までは、専門機関(エステサロン、クリニック)などでしか利用できませんでした。

 

しかし、水素水サーバーなどの付属機能としても利用できるようになり、私たちの身近で新しい水素摂取方法となっています。

 

また、自宅でも水素ガス吸入が利用できる商品も開発されています。


水素ガス吸引・吸入療法の危険性とは?

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

美容に効果的な水素ガス吸入は、医学的には安全性は認めらておらず、それだけでなく危険視されています。

 

本来、爆発物や危険物として扱われます。

 

利用方法を間違えると大変な事態を招きます。

 

さらに、水素ガス吸入を利用には「副作用(眩暈、吐き気、腹痛、頭痛)や被害報告」も。

 

そして、研究段階なのも事実です。

  


水素ガス吸引が危険視されるメカニズムとは?

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

実は、水素吸引や吸入ガスによる水素摂取は2時間の吸引で50リットル以上の水素を吸引でき、飲料の摂取に比べて即効性もあります。

 

しかし、水素は健康や美容に役立つ物質ですが、使用方法を間違えれば非常に危険な物質にもなります。

 

悪玉活性酸素を除去する効果が高いことも事実ですが、その効果ゆえに少しリスクも。 

 

一般的には水素水飲料のほうが安全とされ、ガス吸引・吸入方法よりも飲料としての摂取が推奨されます。

 

水素吸入ガスが利用される「病気」の原因とは?

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

現在、水素水は「風邪やインフルエンザ」に効果的です

 

さらに「癌、パーキンソン病、糖尿病、脳梗塞」の多くの病があります。

 

そして、その9割の病の原因が悪玉活性酸素だという専門家もいます

 

悪玉活性酸素は人間の細胞を酸化させて「免疫機能低下、老化」を招き、体全体の機能を衰えさせます。

 


しかし、一方で水素吸入(吸引)ガスによる被害も!!

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

現在、水素は脳梗塞などの治療に使われている他、健康食品や美容分野でも活用されています。

 

また、クリニックでは水素ガス吸入を老化防止や美容、抗癌(ガン)剤治療の副作用軽減に利用されます。

 

他にも、慢性炎症性疾患の治療の目的で実施しています。

 

一方で水素吸入ガスの利用によって「吐き気、眩暈、頭痛」などの多くの被害も出ているのも事実。

 

もともと、水素物質は爆発物として使われたほど「強いエネルギーを持つ物質」でもあります。

 

そして、優れた薬効を持つ反面、特に水素吸引ガスなどに使用する際、利用法を間違えると危険もあると懸念されています。

 

水素ガスを吸入すると体内の細胞がみるみる蘇る!?

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

水素水「液体」に比べて、水素ガス吸入は「気体」であるため、いち早くスムーズに体内に循環させやすいというメリットも。

 

すなわち、体内に循環させやすいということは、体質改善しやすく即効性が期待できるということです。

 

また、水素ガス吸入は水素を直接体内に浸透させて「水に水素を溶媒する水素水(飲料)」に比べると、細胞に素早く行き渡らせます。

 

結果として細胞をよみがえらせることにつながります。

 

水素ガス吸入のメリットとデメリットとは!?

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

実際、水素ガス吸引の利用者の中で「化粧のノリが良くなった」、「肌が艶っぽくなった」など美容に関する口コミも多い。

 

またこんな口コミも寄せられています。

 

「私は思春期からニキビに悩まされて、30代になっても吹き出物が顔中に大量発生してしまいました。」

 

それだけでなく生理中は特に肌が荒れやすくなり、どんどん肌荒れが悪化する一方

 

しかし、クリニックで水素ガス吸入を取り入れたら、少しずつ肌荒れが改善されて、今ではニキビ跡も薄くなりました」

 

との体験談も寄せられています。

 

このように水素ガス吸引は現在、一般家庭では難しくエステサロンやクリニックで行わなければいけません。

 

つまり、継続するにあたってコストパフォーマンスが良いとは言えません。

 

なので、経済的に余裕がある方だけが楽しめます。

 

「水素水や水素ガス吸入」は治療サポートにも効果的!?

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

水素ガス吸入は安全性が懸念されますが、実際に水素水と同様に治療のサポートにも。

 

中でも癌(ガン)の治療サポートに注目され、「抗癌剤との併用で、症状が改善された」とも報告も寄せられています。

 

しかし、医学的にも水素ガス吸入よりも水素水の摂取方法が推奨されています。

 

これに関しても研究段階にあるのも事実です。

 


水素ガス吸入することで免疫機能を向上!?

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

人間の3分の2は「血液、リンパ液、細胞液」などの体液形状も「水」によって成り立つのはご存知でしょうか?

 

その中に「60兆個の細胞」と「3000種もの酵素やホルモン」があり、「100種100兆個もの腸内細菌」は、自らを支える「免疫力」によって支えられています。

 

この免疫力こそが生命力や治癒力の証しで、これが向上させる「水素」によって多くの症状が改善されています。

 

つまり「免疫力と水素水、電子」との間に科学が未だ解明できない密接な関係性でも不思議ではありません。

 

「水素水が水素ガス吸入」が医療に推奨される理由とは?

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

近年、癌の治療方法のひとつに抗がん剤治療方法があります。

 

この抗癌(がん)剤治療で使われる「シスプラチン」は腎臓機能を低下させます。

 

この副作用を抗癌(がん)剤の効果を弱めることなく軽減できるという結果が。

 

また、放射線治療によって身体が傷つくと「悪玉活性酸素」が大量に発生し、免疫力の低下を招きますが、水素水はこれを除去します。

 

これが、水素水が癌(ガン)治療に推奨される一つです。

 

水素ガス吸入は「未病」の予防にも!?

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

水素吸引ガスは白血球を増やし、細胞的免疫力の向上させると良好な肉体的を作り、精神を落ちつかせます。

 

これは漢方で言う「未病(病気の前の状態)」で、対策として水素が有効。  

 

他にも、血糖の燃焼が促進作用が身体を温めるので精神的にも楽になります。  

 

また、近年「ストレス、ダイエット、デトックス、むくみ」にも注目されています。

 


水素ガス吸引の利用者からはこんな体験談も!?

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは
「私は30代に子宮癌(ガン)だと、診断されてしまいました。」

みなさんは癌に怯えたことはありますか??

 

わたしは幸いにも、早期発見でしたが、やはり不安で夜も眠れなくなっていきました。

 

そこで、水素ガスの吸入が効果的といわれており、半信半疑で治療の一環として取り入れることに。

 

すると、少しずつ子宮癌の癌細胞が小さくなっていると医師に言われ、1年後には「心配ないと」言っていただけるようになりました。

 

それ以来、水素ガスの効果を信頼していますし、細胞を若返らせるようで、肌にハリとツヤが戻ってきたように感じます。

 

また、水素ガスの吸引は癌の治療に効果的ですね。

 

どうやら癌の再発防止だけでなく、抗癌(がん)剤による吐き気や腹痛などの副作用にも効果的なんだそう!

 

妊娠中(妊婦)さんが悪阻(つわり)の軽減にも役立つと言われています。

 

あらためて、水素の驚異的な効能を実感しました。


「水素ガス吸引・吸入療法とは」~まとめ

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは

今では、多くの水素水商品が流通するようになりました。

 

なかでも、水素ガス吸入の優れた効果が注目されていますが、同時に危険性も懸念され、現在でも研究段階の状態。

 

覚えておきたいのは、水素は「病気の治療、美容効果、健康サポート」などが可能な優秀な物質でもあります。

 

しかし、それゆえに危険な物質でもあるため、利用法には注意が必要!

 

また、水素ガスや水素サプリメントなど、数多くの「水素摂取方法」が開発されていきますが、安全面には注意が必要です。

 

このことから、現段階では、水素水による水素の摂取方法が安全かつ効果的と言えます。

 

 

 

<このページの読者達が愛飲している水素水はこちら>


このページに関連するオススメの記事はこちら。

ほんとは危険!?水素ガス吸引・吸入療法とは