水素水が動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」を改善

水素で動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」改善

歯茎(はぐき)を蝕む歯周病は深刻化してしまうと出血や歯が抜け安くなってしまいます。

 

しかし、その症状だけでなく心筋梗塞や動脈硬化などを引き起こす怖い病気です。

 

この歯周病の重症化を防ぐために、水素水が効果的であることが岡山大学の研究で明らかになってきました。

 

歯周病が重症化し心筋梗塞や動脈硬化などを引き起こす原因は酸化ストレスです。

 

酸化ストレスと密接する「悪玉活性酸素」は酸化力が高く、身体の細胞を酸化させサビさせ、私たちの健康を脅かしてしまっています。

 

つまり、ここでも悪玉活性酸素が細胞に悪さをし、疾患を引き起こしているのです。


ラットを利用した「水素水と歯周病」の実験では?

水素で動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」改善

今回の実験では歯周病のラットを利用しました。

「被験体1:歯周病群」

 

「被検体2:歯周病+水素水群」

 

「被検体3:正常群」の3グループに分別。

 

2番の水素水を与えた群には4週間で800~1000

ug/Lの濃度の水素水を投与し、4週間観察しました。


「ラットを利用した水素水と歯周病の実験結果」

 

すると、1番の歯周病群のラットは正常群に比べて体内で酸化LDL(悪玉コレステロール)値が上昇。

 

一方、水素水を与えたグループは逆に酸化LDL値が低下していたのです。

 

つまり、水素水は酸化LDLと酸化ストレスを抑制することで血管中の脂肪蓄積を防ぎ、歯周病悪化による動脈硬化を防ぐ効果が認められたのです。

 

「歯周病」が悪化すると動脈硬化にも!?

水素で動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」改善

動脈硬化は、細かい動脈が硬化して「脳や腎臓、肝臓」などの血液の循環が困難になる症状です。

 

動脈硬化が深刻化する原因を“危険因子”と呼び、この危険因子の中で特に注意が必要なのが、細胞を劣化させる悪玉活性酸素です。

 

また、動脈硬化の原因に「糖尿病、高血圧、煙草、アルコール、肥満、運動不足、酸化ストレス、遺伝素因」があげられます。

 

本来であれば、健康的な血管は、ゴムのように弾力性がありますが、肌や内臓と同様に、血管も劣化し、硬化する状況に陥ります。

 

水素水が「歯周病」や「動脈硬化」に効果的な理由とは?

水素で動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」改善

血管を老化(劣化)させる原因として悪玉活性酸素による細胞の酸化が原因です。

 

ちなみに悪玉活性酸素は、血管の隅々に入り込む、煩わしい性質を持ちます。

 

 

そして、悪玉活性酸素が血管の壁を分厚くして、弾力性を損失させ、血管の内側が狭くして血液を妨害してしまいます。

 

そこで、現在、歯周病や動脈硬化を招く、悪玉活性酸素を除去する物質として水素水が注目されてます。

 


実験に水素水が使われた理由とは?

水素で動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」改善

水素濃度の高い水素水は、多くの悪玉活性酸素を除去することができます。

 

酸素と結びつかなかった水素分子は、気体となって身体の外に抜けていきます。

 

なので、水素分子を体内に過剰摂取したところで、体外に余分な水素は排出されます。

 

このことから、副作用(下痢、嘔吐、腹痛、吐き気、眩暈)が一切ないとも言われております。

 

つまり、被検体にとっても安全と言えます。

 

実は水素水にはとっても優れた効果(薬効)がある!?

水素で動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」改善

「水素水(水素分子)の優れた効果」

活性酸素を除去する成分(抗酸化物質)が存在しています。

 

しかし、活性酸素には「悪玉と善玉」が存在し、「善玉活性酸素」は免疫機能の向上など私たちが健康の上で必要な成分です。

 

「ビタミンC」や「コエンザイム」などの抗酸化力が期待できる成分も存在します。  

 

しかし、水素以外の抗酸化物質は「悪玉活性酸素だけでなく善玉活性酸素」も除去してしまうことが研究によってわかっています。

 

その中でも水素水(水素分子・活性水素)の作用は「悪玉活性酸素」のみを除去できます。

 

また、ビタミンCなどの抗酸化物質は「善性の活性酸素」も除去してしまうので、水素分子の方がより優れた抗酸化作用が見込めます。  

 

つまり、水素分子は悪性活性酸素除去に優れている物質とも言えます。


水素で動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」の改善とは?~まとめ

水素で動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」改善

また、水素豊富水(高濃度水素水)ほど効果的で、細胞の酸化を防ぐことから「抗酸化物質」とも呼びます。

 

いつまでも若々しく健康生活を送るためには水素水を継続的に飲用する必要。

 

近年では高濃度水素水生成器の普及により家庭でも水素水が一般的になりました。

 

水素水に含まれる(水素分子)は宇宙で1番小さい物質です。

 

なので、ビタミンCやコエンザイムよりも遥かに身体の隅々までいきわたらせることが可能です。

 

これらが酸化ストレスと悪玉活性酸素による歯周病を防ぎ、結果として「動脈硬化や心筋梗塞」を改善することに繋がります。

 

 

 

<このページの読者達が愛飲している水素水はこちら>


このページに関連するオススメの記事はこちら。

水素で動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」改善

暮らしをサポートする水素水の効果をもっと知ろう!!

水素で動脈硬化・心筋梗塞の原因「歯周病」改善