水素水で「お酒・アルコール依存症状」の治療

飲み会などで「飲酒(アルコールを摂取)」する人は多くいます。

 

 

 

また、近年ではアルコール依存症による患者が年々増え続けていることも事実です。

 

 

 

そして、アルコール依存症に関する問題として、その習慣性にあると医学に関する研究によって報告されており、水素水がその原因を断つカギになるとして注目されています。


お酒(アルコール)を断てない原因とは?

みなさんご存じのように喫煙にしても、飲酒(アルコールの摂取)にしても一番の問題になるのはその習慣性だと思います。

 

 

すなわち

 

・「吸わないと落ち着かない、調子が悪い気がする」

 

・「お酒(アルコール)を飲まないともったいない」

 

・「1日が気持ちよく終われない」

 

 

といった精神的な状態に追い込まれると専門家に言われています。


お酒(アルコール)の招く二次災害とは?

「喫煙、飲酒」の習慣性は、日常に大きな障害をもたらすと考えらており、身近な事例としては「二日酔い」です。

 

 

 

しかし、水素水は二日酔いを防止に効果的で、これはお酒を飲み過ぎた場合に起こる脂肪肝を防ぎ、肝細胞を保護すると報告されています。

 

 

 

そして、もっと深刻化すると「お酒を習慣的に飲む人」は重度のアルコール依存症につながるリスクがあり、「タバコを習慣的に吸う人」は肺がんやCOPD(慢性閉塞肺疾患)にかかるリスクと隣合わせです。

 

水素水は「飲酒、喫煙」の習慣性を無くす?

この習慣性をなくすということは、大きな社会貢献の第一歩である可能性があります。

 

 

 

また、毎日の「晩酌や喫煙」をなくすだけでなく、ドラッグ(薬物依存)の問題解決に役立つ可能性もゼロではないと考えられます。

 

 


これらのことから、水素水には「お酒(アルコール)、タバコ(ニコチン)」を摂取してまう毎日の習慣性をなくすことです。

 

 

 

そして、これらによる二次災害から体を守る可能性を生み出すと考えられています。

お酒(アルコール)と水素水の工夫した飲み方

日常的にお酒を飲む人は毎日の生活の中に水素水を積極的に取り入れてることが医学でもオススメされています。

 

そして、活性酸素を排除してあげることが水素医学でも推奨されています。

 

 

 

例えば、「ウイスキー、焼酎」が好きだという人は水素水で割って飲んでみるという方法があります。

 

 

 

このように、「水素水で工夫したアルコール摂取方法」を取り入れることで、二日酔いの予防効果もあり、最適な飲料と推奨されています。 


アルコール依存症を改善した水素水愛飲者の口コミレビュー

水素水の体験談:その1
「高濃度水素水を日頃から飲み続けて1、2週間経過したぐらいから身体が軽くなった気がして、疲労を感じる事が少しずつ減っていった。」
水素水の体験談:その2
毎日、日課のように飲まずにはいられなかったお酒(アルコール)が、水素水を日常的に飲むようになってから禁酒に成功し、パソコンや読書、運動など建設的なものに興味がわいてきた」
水素水の体験談:その3
「お酒(アルコール)を飲まなくちゃ精神的に不安定になっていたけど、水素水を飲むようになってから少しずつ精神が安定していき、気が付いたらお酒(アルコール)が必要な生活(禁酒生活)から解放された」
水素水の体験談:その4
「飲まずにはいられない、吸わずにはいられないなどの習慣性が、水素水を飲むことで意外とあっさり克服できてしまった。また、晩酌をしなくても夜は案外簡単に就寝出来るようになりました。」

水素水で「お酒・アルコール依存症状」の治療~まとめ

普段お酒を飲む機会が多い人は特にアルコールによる「二日酔い」などは、注意したいところですね。

 

 

 

しかし、アルコールを過剰摂取してしまうと、「二日酔い」だけでなく、肝臓を痛めてしまう可能性もあります。

 

 

 

水素水にはこれらの症状を改善するだけでなく、アルコール依存症の治療にも役立つと言われています。

 

 

 

機会があれば、一度アルコール依存の治療に水素水を取り入れてみてはどうでしょう?


同じ関心を持つ人はこんなページも読んでいます。