持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは

持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは

電気分解で生成される陰極側の水素含有量(水素水)は、電解前の原水に比べて500倍に増加することが1995年初めて明らかになりました。

 

しかし、そのうち陰極水の中の水素は電解のあと、失われてしまうことが分かりました。

 

その理由としては水素水に含有される水素分子は宇宙一軽く、小さな物質ということが挙げられています。

 

今度は電解水の欠点を克服する、つまりいつ飲んでも「高濃度水素水(水素含有水)」を飲用できるようにするにはどうしたらよいか?

 

という問題になりました。

 

現在、注目されているのが持ち運べる水素水生成キット(スティック)です。

 

この「持ち運べる水素水生成キット」にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか!?


水素水生成キットのメカニズムとは?

水素水生成キット(スティック)が信頼できる要因としてボトルの中に入れている限り水素を継続的に発生させることができます。

 

しかし、近年では普及し始めた水素水サーバー(水素水生成器)には劣るもことも事実です。

 

その点で、これは水素が失われてもその後すぐに補充でされることになります。

 

常に「水素を豊富に含んだ水(水素水)」を維持するので、持ち運べる水素水生成キット(スティック)として楽しめます。

 

水素水生成キットについての実験とは?

持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは

近年では「アルミパウチ型水素水(アルミパウチ容器に入った水素水)やペットボトル型水素水」が通販ショップなどで販売されています。

 

しかし、手軽に購入できますが、それらの商品は水素分子の性質や実態を無視した商品であると専門家に言われています。

 

水素水による効能(効果)は保障されていない商品とも考えられています。

 

持ち運べる水素水生成キット(スティック)の利便性とは!?

持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは

2001年には新しい水素水(水素包含水)生成の方法として「水素水生成キット(スティック)」が開発されました。

 

水素水キットは、自宅で高濃度水素を生成できる商品なので、水素水を飲むことができ、高濃度水素水の高い美容効果が望めます。

 

また、水素水の中には、分子が抜けてしまっているものや、賞味期限が不明確なものもあるのですが、水素水キットならこういった問題がないので安心です。

 

水素水キット(スティック)は健康や美容に効果的?

持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは

水素水キットは「作るのが少し面倒」というデメリットがありますが、発生剤をペットボトルに入れるだけなので、手間に感じません。

 

もちろん、アルミパウチ水素水のほうが、このような手間がないので利用しやすいですが、水素保有量が少し低くなります。

 

なぜなら、水素の分子が非常に小さいため、時間が経過するにつれて徐々に容器から抜けてしまうためです。

 

生成した直後の水素水であれば分子が抜ける不安がないので、水素水キットは効果的だと言えます。

 

通常の水素水と水素キットはどちらが濃度が高い?

水素水は濃度が高ければ高いほど抗酸化力が強くなるので、高濃度のほうがさらに効果的です。

 

通常の水素水は、水素濃度が高いものでも「1.5ppm」となりますが、水素水キットは「7.0ppm」にもすることが可能です。

 

水素医学的に言えば、「0.7~1.0ppm以上」の保有量があれば満足のいく効果が得られます。

 

また、通常の水素水でも十分な保有量と言えますが、さらに還元力の高い製品を選ぶなら水素水キットがおすすめです。

 

水素水キットで除去できる「悪玉活性酸素」による悪影響とは?

持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは

水素水は、酸化物質である悪玉活性酸素を還元します。

 

そして、無害な水に変える性質があり、「美容(美肌)、ダイエット、アトピー性皮膚炎、症状改善」などのあらゆる効果効能が得られます。

 

また、この悪玉活性酸素はあらゆる「細胞、遺伝子」を攻撃し身体の機能を奪い、非常に毒性の強い酸素です。

 

病気や老化の原因のほとんどは、悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)だと言われているほど、人の身体に悪影響を及ぼします。

 

水素水以外の悪玉活性酸素に対抗する栄養素とは?

持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは

悪玉活性酸素に対抗する栄養素として、抗酸化物質(ビタミンなど)が挙げられます。

 

水素水に含有される水素分子はその中で「最も高い抗酸化力」があり、多くの悪玉活性酸素を還元(除去)します。

 

それだけでなく、悪玉活性酸素が減少により、「破壊された細胞修復作用、身体の機能が向上作用」の役割を担うミトコンドリアが増加します。

 

これによってアトピー性皮膚炎の改善が見られたり、老化を防げたり、あらゆる病気が改善に効果的です。

 

また、水素水が美容と健康に効果的なのは、エネルギーの源になるミトコンドリアを活性化をサポートできるからです。

 

高濃度水素水の過剰摂取は副作用がない?

持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは

「濃度が高すぎる水素水を過剰摂取しても身体に害はないのか?」と疑問を抱く人もいます。

 

しかし、水素は気体なので水素水による過剰摂取であれば、毛穴や口から身体の外へ抜けていきます。

 

なので、還元されなかったものは、体内に残らないので副作用は一切ありません。

 

水素水キットは水素は抜けていきますが、一定量の水素は保持することができるわけです。

 

そして、上記のような「アルミパウチ水素水やペットボトル水素水」のように水素の性質を無視した商品ではありません。

 

持ち運べる水素水生成キット(スティック)にも難点が!?

持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは

水素水生成キット(スティック)は一般的な大きさが20mm×120mmの円筒形をしたプラスティック製容器の中にマグネシウム顆粒と天然石成分が封入されます。

 

これを水な中に入れるとマグネシウム顆粒と天然石成分が化学反応し、一定量の水素を発生させるメカニズムです。

 

しかし、持ち運べる水素水生成キットは一定量の水素水濃度を維持できますが、生成に時間がかかるというデメリットも存在します。

 

なので、高濃度の水素水の効果を楽しみたいと言うかたは水素水サーバー(水素水生成器)が一番適しています。


持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは~まとめ

持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは

水素パウダーに関する研究は今も続けられていおり、まだ解明していないことも多くあります。

 

そして、なにより安全面では賛否両論あることから、注意が必要な水素療法でもあります。

 

安全な水素分子を取り入れる「水素治療または水素生活」を送るのであれば、やはり水素水の飲用が一番手軽で効率よく、また安全なのではないでしょうか?

 

 

 

<このページの読者達が愛飲している水素水はこちら>


このページに関連するオススメの記事はこちら。

持ち運べる水素水生成キット(スティック)とは